看板メニューの辛味つけ麺を注文

【この記事はWEBクリエイター 「ポケットの中の梅干」 氏が書きました】

どうも肉好きWEBクリエイター 「ポケットの中の梅干」 です。
今回は秋葉原駅電気街口から徒歩約1分程の距離にある
つけ麺のお店「つけ麺屋 やすべえ 秋葉原店」に行ってまいりました。

つけ麺屋 やすべえ 秋葉原店の外観

まったく迷うことなく「つけ麺屋 やすべえ 秋葉原店」に到着。 お店は地下1階にあるようです。

早速店内へ

ここの看板メニューの辛味つけ麺を注文 小~大盛まで同一価格のようなので精髄反射で中盛(330g)を選択。 ダイエットはどこにいった?と心の中でつぶやきましたが食欲にはあらがえず・・・

先ほども書きましたが小~大盛まで同一価格です。
麺の量ですが、小盛り(180g)、並盛(220g)、中盛(330g)、大盛(440g)が全て同一価格で特盛(550g)は+100円のようです。
これは大食いの方には嬉しいサービスですね。

その他にも無料でトッピングがあり、辛味の自家製ラー油、つぶしにんにく、みじん切りの玉ねぎ、削り節など
味変を楽しみたい方にはもってこいのでトッピングとなってるようです。

待つこと約10分くらい!辛味つけ麺

来ました!
辛味つけ麺 中盛(330g)なかなかの量ですね
つけ汁も少しだけ赤みがおびていてスパイシーな感じです。

それではいただいていきましょう。

つけ汁はかなり好みの味付けです。
一口すすった印象は甘味でしょうか

ふんわりと出汁の風味と辛味の後に甘さが加わり
それでいてしつこくなくあっさりと、これは麺が進みます。
具は刻んだチャーシューにメンマと長ネギとこれも麺と絡んで美味い!

その麺はというと
モチモチツルツルしていて食感は抜群にいいですね。
つけ汁との相性もよしです。

つけ汁や麺の感じは
以前よくお世話になっていた中野の桜桃さんに近いでしょうか。

本当に美味しいです。

嬉しい無料トッピングの微塵切りの玉ねぎ

味変を楽しみたい方には、最高のトッピングです。

食べ終えた感想は、かなりハイレベルなつけ麺です。
麺の量も同一価格で780円とコスパも高くて大満足です。

ごちそう様でした。

関連リンク

関連ランキング:つけ麺 | 秋葉原駅岩本町駅淡路町駅