メッセージアプリでおなじみの「LINE」が、日本市場を強く意識して開発したスマートスピーカー。

【この記事はIT系ライター M氏 が書きました】

今年8月より「体験版」が、10月に正式版の直販が開始され、11月には家電量販店での販売が開始された、LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」。
10月の発表直後にはGoogleが「Google Home」の発売日を発表するなど、今秋はスマートスピーカー元年とも言える動向が見られましたね。Amazonの「Amazon Echo」も含め、スタンダードモデルが12,000円~14,000円で販売中という三つ巴の状況で、最も親しみのあるアプリ「LINE」と連携できる「Clova WAVE」に注目してみました。

そもそもスマートスピーカーとは

数年前より普及しているBluetoothスピーカーにも見える外観ですが、主にスマホアプリと連携する端末であり、AIスピーカーと呼ばれることもあります。一般のスピーカーと大きく違うのは音声認識機能で、ユーザーの音声指示が可能な点です。音楽を鳴らすだけではなく、スマホアプリでのスケジュール管理や家電の操作など、これまでスマホによる新たな使い方とされてきたことが、音声入力で済んでしまうのです。

スマートスピーカーの使い途は

さて、Clova WAVEの主な使い方や機能ですが、大きく4つあります。
・音楽再生
・家電の操作
・LINEメッセージの送信
・ニュースなどの情報提供
これらを順に見ていきましょう。

音楽再生

最もわかりやすい使い方ですが、GoogleやAmazonでもそれぞれ「Google Play Music」「Spotify」や「Amazon Music」と連携しているように、Clova WAVEは「LINE MUSIC」との連携が可能です。

音声入力だけではなく、天面のボタンにプレイリストを登録して、スマホで設定した曲目を触っただけで再生することもできます。現在、2018年1月までの期間限定で、LINE MUSICが12ヶ月聴き放題がセットになったキャンペーンも実施中。単体価格よりも安いので、クラウドミュージックがより身近になりますね。

家電の操作

赤外線センサーを搭載し、家電のリモコンとして利用ができます。これは他の2社に無い強みでもあります。TVならメーカーなどをスマホで設定し、音声でチャンネルや音量の操作が可能です。

他社では対応する家電を新たに買い揃えなければならないところ、「日本ではWi-FiやBluetoothを使った家電の操作環境が整っていない」といった理由で搭載された機能とのことです。使い慣れた家電にそのまま対応できるのはありがたいですね。

LINEメッセージの送信

これが最もわかりやすい「ならでは」の機能でしょう。Clova WAVEに「家族アカウント」を設定し、指定した相手にメッセージを送ることができます。

家事に忙しいお母さんが子供に、などあらゆる使い方が考えられますね。もちろん、返信があった場合も声をかければメッセージを読み上げてくれます。個人ではなく家族のアカウントなので、プライバシーも守れます。

ニュースなどの情報提供

もちろん、天気予報やニュースも読んでくれます。朝のお出かけ前などの忙しい時に、とてもありがたいですね。

今後、追加機能としてアラーム、タイマー、メモ、カレンダー、スケジュールなども実装予定とのこと。また、外部パートナーとして「radiko.jp」でラジオが聞けたり、ショッピングサイトとの連携で買い物もできるようになるようです。

日本独特の市場に向けた開発

現在、国内のLINEユーザーは7,000万人超。それを背景に開発が進められ、LINEメッセージとの連携や家電リモコンなど、日本市場を強く意識した機能に注目が集まっています。
GoogleやAmazonとの明確な差別化に成功したわけですが、一方で思わぬトラブルも。11月、Amazonが自社製品「Amazon Echo」の発表後、それまで同社サイトでも販売されていたClova WAVEが商品一覧から削除されたのです。Amazonからは「販売禁止商品に指定された」という回答のみで具体的な理由は示されていませんが、「露骨な自社優先」「独占禁止法違反?」などと話題になっています。
とは言え、無事に量販店での販売もスタートし、今後もアプリ同様に新たな機能の実装に期待できそうですね。

関連リンク

・LINE「Clova WAVE」
https://clova.line.me/

・Facebook「LINE Clova」
https://www.facebook.com/LINE.Clova/

・Google「Google Home」
https://store.google.com/product/google_home?hl=ja

・Amazon「Amazon Echo」
https://www.amazon.co.jp/dp/B071LMG8BQ/