ITリテラシーがまだ低い子供たちをインターネットの被害から守るために。

【この記事はIT系ライター M氏 が書きました】

マカフィー株式会社は、子供のスマホの安全を守る保護者を対象にしたモバイル向け( Android/iOS/Windows版 )のセキュリティ対策アプリ「マカフィー セーフ ファミリー」を10月26日に発表しました。

いつも子供達はスマホ、タブレットに夢中です。

ITリテラシーがまだ低い子供たちをインターネットの被害から守るために、使用状況を確認し、利用時間を制限しましょう。
インターネットから子供を守るツールとして、「マカフィー セーフ ファミリー」が登場しました。

【マカフィー セーフ ファミリーの特長】
・年齢別のルール設定が可能
・ウェブサイト閲覧履歴の確認ができる。
・アプリごとの制限設定画面がある。
・子供が利用したいアプリを親に申請することも可能。親は利用時間も設定できる。
 「何分まで使わせてほしい」という許可のやり取りする事が可能。
・地図上から子供の位置を確認できる機能付き。位置情報の履歴も残るようになっている。
 子供が本当にスクールに行ったのかなどの把握することができる。
・子供側の端末からはアプリを勝手に削除できないようになっている。

※Android/iOS/Windows版で、使える使えないの制限がありますので、下記のサイトの下部をご確認ください。
http://family.mcafee.com

オススメしておいてなんですが、若干の改善余地がありそうです。
一部サイトで、フィルタリングがうまく効かないというネットで声がちらほら見かけましたので、
30日間の無料期間で試してみて判断頂くのが良いかと思います。自動更新設定があるのでその設定は無効にしてから利用してみてください。

関連リンク

マカフィー セーフ ファミリー
http://family.mcafee.com